2011/12/31

2011年12月末時点の運用成績



2011年12月末時点の運用成績を確認してみました。


2011/12/30

2011年12月末時点の資産配分



2011年12月末時点の資産配分を確認してみました。


2011/12/22

バンガード社から嬉しいニュースが!!

既にいくつかのブログでも紹介されていますが、インデックスファンドのパイオニアであるバンガード社から嬉しいニュースが入りました!

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 【VT】ベンチマーク変更のお知らせ

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)のベンチマークが「FTSE All-World Index (FTSE オール・ワールド・インデックス)」 から、「FTSE Global All Cap Index (FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス)」へ変更されました。

従来のベンチマークが大型、中型株で構成されていたのに対し、「FTSE Global All Cap Index」は世界47カ国の大型、中型株に加え小型株もカバーしています。構成銘柄数は従来の2,927銘柄から7,400銘柄超と増加しています。

さらに、エクスペンス・レシオ(総経費率)は現行の0.25%(!)と同等の水準にとどまると予想されます。

以前からVTはリレー投資先のETFとして注目していましたが、さらに魅力的になりました。
悩ましいのは、日本株式も含まれているため、アセットアロケーションの管理が少し面倒になってしまうことです。

非常に贅沢な悩みですね^^;

2011/12/11

2011年12月分の追加投資を実行(今月2回目)

本日、今月2回目の追加投資の注文を行いました。

前回、毎月1回の買い付けに戻すと書きましたが、ボーナスが支給されたため、来月まで保留しておく必要も無いだろうと考え、投資しました。

投資した商品は下記のとおり。

<日本株式>
ひふみ投信

<新興国株式>
eMAXIS新興国株式インデックス

久しぶりに「ひふみ投信」に投資しました!
9月以来の投資となりましたが、とても長く感じました^^;

日本株式の目標比率を50%としたため、しばらく投資を見送っていましたが、ついに50%を下回ったため、今回投資しました。

今後もコツコツ投資を続けていきます。
(レオスの皆様、今後ともよろしくお願いしますm(__)m)

2011/12/06

楽天証券とSBI証券で新たな海外ETF2銘柄を取扱開始

本日より楽天証券SBI証券で海外ETF2銘柄を新たに取扱開始するようです。


iシェアーズ S&P米国優先株式インデックス・ファンド
ティッカー:PFF
信託報酬:0.48%
連動指数:S&P 米国優先株式は、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所およびナスダック・ストック・マーケット・インク上場の、選ばれた優先株のパフォーマンスを測る指標。


楽天証券によれば「米国の主要企業が発行する優先株への投資に特化し、毎月分配の実績を誇るETF」とのこと。
海外ETFでも毎月分配が増えていくのでしょうか…


iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンド
ティッカー:IFGL
信託報酬:0.48%
連動指数:FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックスは、カナダ、欧州およびアジアの不動産市場の不動産保有、売買および開発に携わる企業のパフォーマンスを測る指標。


楽天証券によれば「米国以外の先進国において不動産投資を行うファンドで、こちらは四半期ごとの分配を行ってきました。」とのこと。
こちらも分配金を出す頻度は多そうです。


私がこれらのETFを買うことは無さそうですが、今後も海外ETFのラインナップを拡充していってほしいです。

2011/12/03

2011年11月末時点の運用成績



2011年11月末時点の運用成績を確認してみました。


2011年12月分の追加投資を実行

本日、今月分の追加投資を行いました。

投資した商品は下記のとおり。

<新興国株式>
eMAXIS新興国株式インデックス

引き続き新興国株式を積み立てました。

先月までは、試験的に毎週1回の買い付けを行なっていましたが、今月から毎月1回の買い付けに戻そうと思います。理由は、
・投資資金を分割して購入することが、パフォーマンスの改善につながるのか?
・ここ数日のような大幅上昇(チャールズ・エリスの言う「稲妻が輝く瞬間」)のタイミングを失っているのではないか?投資資金を確保した時点で一気に投資してしまった方が「稲妻が輝く瞬間」に居合わせる可能性が上がるのではないか?
という疑問が出てきたためです。

まあ大してパフォーマンスに影響なんて無いだろうから、手間を考えると毎月1回の買い付けの方がいいだろうというのが一番の理由かもしれません^^;

2011/12/02

2011年11月末時点の資産配分



2011年11月末時点の資産配分を確認してみました。