2012/01/15

投資を始めたきっかけ

いつも拝見させていただいている「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」に、同い年のセロンさん(@theron2010)というインデックス投資家の方が、「これから投資を始めようかな...?と悩んでいる方」へのメッセージとして、ご自身の投資を始めたきっかけについて、特別寄稿されていました。


【特別寄稿】 投資を始めようかな...?と悩んでいる方へ


そこで、私の投資を始めたきっかけについても、書いてみようと思います。


2008年1月、書店をうろうろしていて、たまたま目に留まった本がありました。


北村慶さんの大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」という本でした。


年金がどのように運用されているのか全く知らなかった(そもそも運用していることすら知らなかった^^;)私はこの本を読んで、感銘を受けました。


将来年金は本当にもらえるんだろうかと漠然とした不安を感じていたものの、まあ何とかなるだろうと思っていました。が、この本では、「セカンドライフには約8,500万円もの資金が必要で、35歳の世代で約2,500万円の資金不足となる。」と書かれていました。


この本を立ち読みしていた私は、「35歳で2,500万円の資金不足なら、20歳の俺はどうなるんだ…」と絶望に近いものを感じ、頭が真っ白になりました。(今でもあの衝撃は覚えています。)


しかし、この本の中で「パッシブ運用(インデックス運用)で私的年金運用をすれば、資金不足は解消できる。しかも資産運用のことは年1回考えるだけで、プロに打ち勝つことが出来る。」ということが書いてあり、そのままレジへ直行。家に帰って、何度も何度も読み返しました。


これは素晴らしい投資法だ!と感じたのですが、そもそもこんな(つまらない?)運用している人っているのだろうか…とふと思い、「インデックス投資」で検索すると、水瀬ケンイチさんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」がヒットしました。


このブログを読んだその日に、投資をする決意をし、ネット証券の口座開設を申し込みました。




投資を始めてからも様々な本を読んでますが、きっかけを与えてくれた「大人の投資入門」は今でも大切な本で、本棚の一番目立つ所に置いてあります。


水瀬さんのブログも全ての記事を読んで、今でも更新されるたびにチェックしています。


投資を始めてから、社会の出来事にも関心を持つようになり、まさに人生が変わったきっかけを与えてくれた北村さん、水瀬さんにはとても感謝しています。


これから投資を始めようかな…?と悩んでいる方は、まず1歩目を踏み出してみて下さい
私のように人生を変えるきっかけになるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿