2012/03/31

2012年3月末時点の資産配分



2012年3月末時点の資産配分を確認してみました。


2012/03/21

楽天証券で新たな海外ETF10銘柄を取扱開始

本日より楽天証券で海外ETF10銘柄を新たに取扱開始するようです。

楽天証券

取扱銘柄は下記のとおり。

SPDR® ダウ・ジョーンズ REIT ETF(信託報酬0.25%)
SPDR® バークレイズ・キャピタル・コンバーチブル債券ETF(信託報酬0.40%)
SPDR® バークレイズ・キャピタル・ハイ・イールド債券 ETF(信託報酬0.40%)
SPDR® バークレイズ・キャピタル 米国中期国債 ETF(信託報酬0.1345%)
SPDR® ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF(信託報酬0.59%)
SPDR® MSCI 全世界株式(除く米国)ETF(信託報酬0.34%)
SPDR® バークレイズ・キャピタル新興国債券(現地通貨建て)ETF(信託報酬0.50%)
SPDR® S&P® 米国高配当株式 ETF(信託報酬0.35%)
SPDR® S&P® アジア・パシフィック新興国株式 ETF(信託報酬0.59%)
SPDR® S&P® 新興国株式 ETF(信託報酬0.59%)

先進国や新興国の代表的な株価指数に連動するETFや債券ETF、REIT型ETFなど多彩な銘柄がラインナップに加わるようです。

私がこれらのETFを買うことは無さそうですが、今後も海外ETFのラインナップを拡充していってほしいです。

2012年3月分の追加投資を実行

本日、今月分の追加投資の注文を行いました。

投資した商品は下記のとおり。

<日本株式>
ひふみ投信
結い2101

<先進国株式>
CMAM 外国株式インデックスe

<新興国株式>
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

<日本債券>
eMAXIS 国内債券インデックス


いつもの積立ファンドに加え、今月は楽天証券のキャンペーンを利用して、「eMAXIS 国内債券インデックス」に投資しました。

2012/03/20 「eMAXIS」&日本応援株ファンド 投信積立キャンペーンにて「eMAXIS国内債券インデックス」を購入


SBI証券、マネックス証券でも同様のキャンペーンを行なっているようなので、来月はこちらのキャンペーンを利用しようと思っています。

SBI証券
SBIポイントが貰える投信積立キャンペーン

マネックス証券
eMAXISシリーズ&日本応援株ファンド投信積立キャンペーン


キャンペーンでの購入ファンドは短期投資のつもりなので、購入資金については無リスク資産の中から捻出する予定です。(毎月購入するファンドについては金額変更なし。)

今後もコツコツ投資を続けていきます。

2012/03/20

「eMAXIS」&日本応援株ファンド 投信積立キャンペーンにて「eMAXIS国内債券インデックス」を購入

現在、楽天証券にてキャンペーン中の「eMAXIS」&日本応援株ファンド 投信積立キャンペーンを利用して、「eMAXIS国内債券インデックス」の積立設定を行いました。

楽天証券

 今回は、50,000円注文したので、楽天ポイントを1,000ポイント獲得できる予定です。

ノーリスクでリターンを得られる機会なので、これを逃すわけにはいきませんよね。

ちなみに約定後は、積立設定は解除し、次回のキャンペーンに備えようと思います。
積み立てたファンドについても、タイミングを見て解約しようと思います。

2012/03/17

STAMインデックスシリーズ等が信託報酬値下げ!

すでにいくつものブログで話題になっていますが、住信アセットマネジメントが「STAMインデックスシリーズ」「ネット証券専用ファンドシリーズアジア新興国株式インデックス」「世界経済インデックスファンド」の信託報酬を2012年4月20日より値下げすると発表しました!

住信アセットマネジメント
2012年03月16日 「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて

信託報酬の引き下げ内容は下記のとおり(いずれも税込)。


STAM 日経225インデックス・オープン 0.42% → 0.3885%
STAM TOPIXインデックス・オープン 0.4725% → 0.3885%
STAM グローバル株式インデックス・オープン 0.63%
 → 0.525%
STAM 新興国株式インデックス・オープン 0.6825%
 → 0.63%
STAM 国内債券インデックス・オープン 0.42%
 → 0.3885%
STAM グローバル債券インデックス・オープン 0.5775%
 → 0.525%
STAM 新興国債券インデックス・オープン 0.63%
 → 0.63%
STAM J-REITインデックス・オープン 0.525%
 → 0.42%
STAM グローバルREITインデックス・オープン 0.6825%
 → 0.5775%
ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス 0.6825% → 0.63%

世界経済インデックスファンド 0.63% 0.525%


STAMインデックスシリーズ信託報酬値下げ後の、主要インデックスシリーズの信託報酬比較は下記のとおり。



















(赤が各アセットクラスで最安。)
(日経225については、「ニッセイ日経225インデックスファンド」(信託報酬0.2625%)が最安です。)

ライバルであるeMAXISインデックスシリーズを非常に意識した信託報酬設定といえると思います。

また、CMAMインデックスファンドeシリーズの信託報酬と合わせてきたのは、4月1日の中央三井アセットマネジメントとの合併を意識したものでしょうね。

STAMインデックスシリーズの信託報酬値下げは、2010年7月に引き続き、今回で2回目となります。

日本のバンガードを目指して、頑張れ「STAM(SMT)インデックスシリーズ」!!

2012/03/13

SBI証券で投資信託定期売却サービス開始!

本日、SBI証券から「投資信託定期売却サービス」を開始するとの発表がありました。


投資信託定期売却サービスとは、当社で保有いただいている投資信託(※1)を、申込金額と申込日の設定を行うことで、「定期的(毎月もしくは隔月)に売却し、一定の売却代金を受け取りたい」というお客様のニーズにお応えするためのサービスです。
 たとえば定年退職されたお客様が、積立投資で長年蓄積させてきた投資信託を、そのまま運用を継続しながら、年金の補完として少しずつ売却して現金を受取るという形でご活用いただけます。
※1 本サービスの対象は、「金額買付」および「積立買付」でお買付(他社移管も含む)いただいたファンドとなります。「口数買付」でお買付(他社移管も含む)いただいたファンドは当サービスをご利用いただけません。また、積立買付を設定中のファンドは、設定解除後に当サービスのご利用が可能となります。


個人的には、「一定額」より「一定率(口数指定)」の方がいいと思いますが、大きな一歩ですね!


私がこのサービスを利用するのはまだまだ先ですが、定年退職されて積立投資を取り崩そうとする方にとっては、いいサービスだと思います。


これで、SBI証券で「毎月分配型ファンド」は不要になります!!(笑)

2012/03/11

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 金沢#2に参加してきました!

昨日開催された「コツコツ金沢#2」に参加してきました。今回はスタッフとして受付をお手伝いさせていただきました(^^)

前回の参加者は15名でしたが、今回は27名と大幅に増えました!また、お隣の富山県からも4名参加していただきました!(人数が多くて全ての方とはお話できませんでした…)

13名の方と新たに名刺交換させていただき、セゾン投信の中野さん、ファイナンシャルインディペンデンスの田口さんとも名刺交換させていただきました!

ほとんどの方がFacebookユーザーで驚きました。そして、Twitterユーザーは少なかった^^;

直販投信に投資されている方、個別株に投資されている方、投資を始めたばかりの方など、投資スタイルも投資経験も様々な方々が参加されていました。インデックスファンドに投資されている方が少ないのがコツコツ金沢の特徴かも。(ひょっとして私だけ?^^;)

今回も自分が投資しているファンド達をたっぷりアピールしてきました(^^)興味を持っていただいた方もいたので、お世話になっているファンドに少しは貢献できた…かな?

六本木の「コツコツ」に負けないぐらい、「コツコツ金沢」が発展しますように!!



そして…
今日で東日本大震災から1年ですね。あらためまして、東日本大震災により被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

14時46分は、1年前にいた同じ場所(職場)で黙祷を捧げました。

この1年間、毎月少額ですが寄付を行なってきました。今後、こちらの方も「コツコツ」継続していこうと思っています。

一日も早い被災地の復興を願っています。

2012/03/10

ひふみ投信がファミリーファンド方式に!

私のポートフォリオの主役である「ひふみ投信」からお知らせが届きました!


なんと、マザーファンドを新規に設定し、ファミリーファンド方式に移行するようです!

この移行により、「ひふみ投信」と同様のコンセプトの新たなベビーファンドを設定できるようになり、他のネット証券等でも「ひふみ投信」が買えるようになるかもしれません。

実は、私自身もTwitterなどを通して、「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの方々に「ネット証券でもひふみ投信を取り扱って欲しい。」と要望してきました。

「ひふみ投信」は良好なパフォーマンスであるにもかかわらず、2012年3月9日現在で純資産総額は約17.73億円と資金流入には苦戦しています。信託報酬は年率1.029%なので、レオスの取り分は年間で約1,800万円しかありません。

レオスはひふみ投信以外も運用されていますが、経営的にもかなり厳しいのではないかと思われます。(余計なお世話^^;)

今後も長期的に投資していこうと考えているファンドなので、早く安定して運用できる程度の規模になってほしいです。

今回のレオスの決断を評価し、今後もコツコツ投資を通じて「ひふみ投信」を応援していこうと思います!

2012/03/03

外国株式ファンドのリレー投資を実行

先日の記事、「バンガードがETF(VSS、VT、VWO)のエクスペンスレシオを引き下げ!」の中でも宣言したとおり、本日、外国株式ファンドのリレー投資の注文を行いました。

リレー元のファンドは下記のとおり。
CMAM 外国株式インデックスe(信託報酬 年率0.525%)
eMAXIS 新興国株式インデックス(信託報酬 年率0.63%)
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
(信託報酬 年率0.5775%)

リレー先のファンドは下記のとおり。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
(エクスペンスレシオ 年率0.22%)

リレー投資をすることによって、コストを半分以下に抑えることが出来ます。

ネット証券ではまだ外国株式の特定口座に対応していないため、確定申告が必要となりますが、その手間を考えてもメリットの方が大きいと判断しました。

約定は3月5日の予定です。
バンガードさん、末永いお付き合いをよろしくお願いします!

2012/03/02

2012年2月末時点の運用成績



2012年2月末時点の運用成績を確認してみました。