2013/01/15

「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その1


2013113日、東京カルチャーカルチャーにて行われた「第5回インデックス投資ナイト」に参加してきました。

すでに多くのブロガーの方がレポートを書かれていますが、私のコメントを交えつつ、参加できなかった方に会場の雰囲気が伝わるよう、できるだけ詳細にレポートしたいと思います。



【プログラム】

17:00 開場 
18:00 投信ブロガーが選ぶ Fund of the year 2012授賞式 
18:20 休憩 
18:30 1 I-1グランプリ2013お台場大会 
19:10 休憩 
19:20 2部 座談会 ファンドマネジャーがホンネで語る運用業界 
20:20 休憩 
20:30 質疑応答 
21:00 閉会 
21:30 交流会(有志のみ、別料金: 飲み放題1500円軽食つき
22:30 交流会終了 


17:00開場ということで、ほぼ時間どおりに会場に到着しましたが、すでに多くの方が着席されて盛り上がっていました。不思議とステージ横のいい席が空いていたので、「ラッキー♪」と思って席を取りましたが、あとで気が付いたら関係者(I-1グランプリ出場者)のテーブルでした。(だから空いていたのか…(;・∀・)

でもそのおかげで、吊られた男さん、タカちゃんさん、ASKさんとお話することが出来ました。(個人的にイケメン(吊られた男さん)を探せ!のコーナーを楽しみにしてたんですが、開始早々見つけてしまいました。めちゃくちゃイケメンでした(*´∀`*)


予定通り18:00にインデックス投資ナイトに先立ち「投信ブロガーが選ぶ Fund of the year 2012授賞式」が行われました。これは証券会社の宣伝やうたい文句に惑わされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

冒頭に、司会のイーノ・ジュンイチさんとラジオNIKKEIの清水万紀子さんからご挨拶があり、今年は過去最多の66名の投信ブロガーからの投票があり、うち64名の投票が有効投票となったとのこと。

結果は下記のとおり。

第1位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)(バンガード・インベストメンツ・ジャパン)
第2位 外国株式インデックスe(三井住友トラスト・アセットマネジメント)
第3位 eMAXIS新興国株式インデックス(三菱UFJ投信)
第4位 結い2101(鎌倉投信)
第5位 ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)
第6位 SMTグローバル株式インデックス・オープン(三井住友トラスト・アセットマネジメント)
第7位 ニッセイ日経225インデックスファンド(ニッセイ アセットマネジメント)
第8位 野村インデックスF・新興国債券・為替ヘッジ型(野村アセットマネジメント)
第9位 セゾン資産形成の達人ファンド(セゾン投信)
第10位 年金積立インデックスファンド海外新興国株式(日興アセットマネジメント)
赤は現在保有青は以前保有していたファンドです。)


今年のグランプリは「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」でした。2009年グランプリからの返り咲きの受賞です。おめでとうございます!

また、上位3位の運用機関からはスピーチをしていただきました。

以下はグランプリを受賞されたバンガード・インベストメンツ・ジャパン、代表取締役 加藤隆さんのスピーチを引用したものです。

「どうもみなさんこんばんわ。バンガードの加藤でございます。

実は今日こんなに高い位置の賞をいただくとは思っていませんでした。といいますのも、たしか2年前に3位、そのまえには1位を取っておりますので、また再び1位をいただけるということは、大変驚いておりますし、大変光栄であります。

非常にドラマチックにプレゼンテーションしていただいて、その前はわざわざPCの具合まで悪く(会場笑い。第1位発表前にPCの調子が悪くなっていました^^;)皆さんが大変盛り上がったところでプレゼントしていただきまして本当にありがとうございます。

前にも申し上げたかと思うんですが、私はこの賞をいただくのが大変光栄に、嬉しく思います。と申しますのは、これこそ皆さん投資家の直接のご意見でいただける賞ということで、他にこのような賞は無いと思いますので、非常に嬉しく思っております。

本当に今日はどうもありがとうございます。」


ちなみに私は5ポイント全てを「ひふみ投信」に投票しました。第5位ということで3位入賞はなりませんでしたが、今後も低リスク運用を続けていただき、いつかはグランプリを取れるよう頑張ってもらいたいです。

レポートはまだまだ続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿