2013/01/22

「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その5

「第5回インデックス投資ナイト」参加レポートその1その2その3その4の続きです。今回で最後です。

座談会のあとは、会場からの質疑応答がありました。

以下は座談会出演者の発言を引用したものであり、私の個人的解釈でまとめていますので、誤解・曲解があるかもしれないことを予めご了承下さい。(間違いがあった場合、ご指摘いただけるとありがたいです。)



カン氏
「4人のパネラーの皆さんのそれぞれご自身の経験から、ものすごく含蓄のあることをお話いただいたんですが、ちょっと時間がございますので、せっかくライブ形式でさせていただいているので、会場の皆さんから質疑応答ということで、今日、インデックス投資ナイトに始めて来たっていう方で、質問ある方?」

お客さん「ファイナンシャルリテラシーを上げるためにはどうすばよいか?」

山崎氏
「もしかしたら内藤さん、これビジネスチャンスじゃないですか?」

カン氏
「内藤さん実は新しい会社立ち上げられて、今のお客さんの質問…」

山崎氏
「たまには協力しないとね。」(会場笑い)

内藤氏
「資産デザイン研究所っていう会社を作ったんですけど、もうひとつ社団法人を作ってまして、海外資産運用教育協会っていう社団法人を作りまして、これ何をするかっていうと、僕一人で教えてても、劇団ひとりになっちゃうんで、色んな人に教える人を養成するっていう協会を作ろうかと思ってまして。語り手の人たちを増やしていって、またその人達が広げていくって、ねずみ算的にこう投資を広げていくようなそういう協会を春からやっていきますんで。もし協力していただける方が会場にいらっしゃいましたら、またあとで連絡をもらえれば。」

カン氏
「では、他に質問ある方?」

某有名ついったらー
「おじいちゃんやおばあちゃんが怪しいファンドを買ってしまった場合に、一発で覚醒させる一言を教えて下さい。」

カン氏
「これ山崎さんしか答えられない…」(会場笑い)

山崎氏
「まあ確かに相談されることがあって、例えばお母さんが退職して、退職金を全額ある信託銀行で、毎月分配型通貨選択型のファンドに全額入れられたというようなケースがあるんですけど、それはとにかく離れなさいと。そこから一回出て下さい。って言うしかない。一番まずいのは、これがまずいなら他のものに行こうかなということで、また稼がれちゃうっていうのが一番まずいので。ファイナンス的には理論的じゃないんだけれど、一回お金を休ませましょうと。しかし、個人年金保険みたいなものだと、あれは解約するとペナルティとか付いてるじゃないですか。結局のところは、ペナルティがあるのは、その間、金を抱え込んで手数料をガサガサ儲けるために生命保険会社が設定したものだから、まあとにかく失敗したら、それは改めようと。それを誠意を持って訴えるしかないですね。」

新井氏
「僕が回収させますんで、言って下さい!(会場爆笑)」

内藤氏
「いい宗教と悪い宗教が…(会場爆笑)」

カン氏
「他に無いでしょうか?」

インデックス投資ナイト4回目の常連さん
「なぜ、アクティブファンドの方がインデックスファンドよりも信託報酬が高いのか?」

山崎氏
「宗教だからですよ。(会場笑い)」

インデックス投資ナイト4回目の常連さん
「あと、信託報酬を安くする方法は?」

新井氏
「ここだけの話ね。(オフレコ)」

(つばさ注:酔っ払った勢いで、鎌倉投信設立時の裏話を(^^))

「なるべく多くの金額を機会的に運用することが出来ると、それによってフィーを下げることが出来る。ということは理論的に言えるので、それで下げることは出来る。アクティブは残念ながら個別のリサーチに依存するので…」

山崎氏
「アクティブも下げられると思うけどな〜。」

新井氏
「下げたいですよ!」

内藤氏
「(某巨大ファンド)は下げられると思いますよ。」

山崎氏
「無くなるともっといいけどな〜。(会場爆笑)」

カン氏
「アクティブファンドはどうしても継続コストがかかってきちゃう性質のものなんですか?」

内藤氏
「いやだけど、鎌倉さんとかは信託報酬下げちゃうと会社が無くなっちゃうんで、続けることが大事だと思うんですよ。まずは。ビジネスモデルとして成り立たないですもんね?」

丸山氏
「フィーは安いに越したことはないと思うんですけど、どんなビジネスでも同じだと思いますが、適正なフィーをいただかないと続かない。その意味でパッシブはものすごく多額のお金を同時に預かれると。運用会社のビジネスは非常に単純でして、預かり資産×フィーレベル、これなんです。なので、預かり資産が多ければフィーが少なくても大丈夫だということなので。」

カン氏
「ということは残高が大きくなっていくと信託報酬の料率を下げれるっていうのは、これは可能なことなんですか?」

丸山氏
「あの〜プロダクトごとにですね、変わりますので、運用会社全体が増えたからといってあまねくファンドを下げるということは出来ないんですが、運用戦略ごとにそういうような考えにすでになっていることも多いと思います。」

内藤氏
「あの〜新井さんに質問したいんですけど、直販投信ってすごく頑張ってやってると思うんですけど、結局どんどん脱落していってるという現状があって、結局さわかみさんとセゾンと、ありがとうとかありますけど、それ以外のところって、めちゃくちゃ経営が厳しいと思うんですよ。だから、ここで信託報酬下げるとか、そんな話してても、それよりも残高を増やしてあげないと、会社自体が続かないってリスクがすごいあると思うんで、鎌倉さんってどれくらい残高が無いと、ブレークイーブンに?セゾンですらまだブレークイーブンに達していないですから。中野さんがいつもぼやいているくらいですからね。」

新井氏
「いや〜ありがとうございます。内藤さんやさしいですね〜ホント。直販を助けていただけるようなね。こういうコメントいただけて、本当にありがとうございます。(会場笑い)赤い顔と白い顔ですけど。(会場笑い、つばさ注:twitterでいじられてました(^^))我々としては短期的には100億円。無いとブレークイーブン越えてこないんですよ。その中で僕らは、お客さんの力の中で成長していくしかないんですね。(オフレコ)経営と運用が分離していることが大事で、経営は残高が増えると楽なんですが、それではちゃんとした運用が出来ないです。」

丸山氏
「今の非常に重要なポイントでして、先ほど私がアクティブファンドマネージャーの評価をどうやるんだと、申し上げたときに、預かり資産のことを一切言わなかった。まさに今のはそれです。運用者が預かり資産を増やすことに頭を使っちゃうと、成績が変わってきます。」

内藤氏
「社長がファンドマネージャーやっちゃいけないってことですね?」

新井氏
「間違いなくダメです。」(会場笑い)

内藤氏
「宗教戦争ですか?もしかしてそれは?」

新井氏
「いや別に批判するつもりはありません。」

カン氏
「さあ、時間が無くなったので、最後に女性の方で質問ある方?」

女性のお客さん
「色んな投信があると思うんですが、新しいものが出てきている中でどうやって選んでいったらいいですか?」

新井氏
「これだけは言わせて下さい。(会場笑い)当然ながら販売する人いますよね?目の前に。そうした時に目の前の人に聞いて下さい。あなた買ってますか?って。それが答えです。」

山崎氏
「まあでもそれは簡単には信じないほうがいいよ。(会場笑い)ヘッジファンドを売ってるような人は私も買ってるとか言って釣るから。端的に言うと新しい商品というのは99%不要です!(会場拍手)万が一1%いいものがあるとした時に、それを取り逃がしてしまうことがあるかもしれないですけど、時間と手間を考えると、新しい金融商品というのは関心を持たなくていいです。(会場拍手)」

内藤氏
「誰かと付き合ってて、そんな新しいいい女とか来ないわけですよ。新しく出来たものってよく分からないわけですよね?実績も無いですし、こうやってやりますって言ったって、本当にできるのか分からないですし、やっぱりある程度こなれてきて、実績とか見えてきた方が、もちろんいいっていうのはあると思いますから。それから乗り換えても全然遅くないですよ。慌ててやる必要は無いと思いますから。あまり情報にこうぶらされないっていうか、なんかすごいファンドが出ましたっていうとみんな、「えっこっちのファンドの方がいいの?」ってなるかもしれないけど、あんまり気にしない方がいいんじゃないかと思います。」


インデックス投資ナイトはここで終了です。

(座談会のつばさ感想)
とにかくカンさんの司会進行が素晴らしかった!質問の内容、話しの振り方が絶妙でとても楽しく見ることが出来ました。
また、山崎さんが参加しているにも関わらず(!)勇気を持って参加された丸山さん、新井さんはすごいなぁと。
内藤さんも話を盛り上げてくれました。
山崎さんは座談会途中の休憩中にご挨拶させていただいたんですが、とても腰の低い方で驚きました。また、「普通の話しても、しょうがないですからね〜。」とお話されていて、盛り上げるためにワザとああいうキャラを演じていたんだろうと思います。


この後に、懇親会(二次会)が行われました。たまたま座談会司会のカン・チュンドさんとお話できるチャンスがあり、私が若いのになぜ投資をしているのか興味を持って下さり、私が投資を始めたきっかけについてなどお話しました。


また、二次会終了後は、セロンさんに誘っていただき、水瀬ケンイチさんPETさん常有希さんとともに三次会へ。

ここでも話題は多岐に渡り、
「現預金(生活防衛資金)の流動性の大切さについて」
「インデックス投資ナイトの準備段階での裏話」
「投資教育のあり方」
などなど、深夜まで語り合っていました。

特に生活防衛資金の大切さについては、改めて重要だな〜と感じました。現在生活費の6ヶ月分を預金で確保していますが、水瀬さんの言うとおり、2年分くらいはあった方がいいな〜と思いました。

水瀬さんは、私が投資をはじめるきっかけを与えてくれた方であり、お話することが出来てとても嬉しかったです。


ということで、長々と書いてしまいましたが、今回残念ながら参加することが出来なかった方に、少しでも「インデックス投資ナイト」の様子が伝われば嬉しいです。

また来年も参加したいな〜(^^)



<追記>シリーズ記事リンク
「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その1
「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その2
「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その3
「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その4
「第5回インデックス投資ナイト」参加レポート その5

0 件のコメント:

コメントを投稿