2013/05/10

楽天証券のNISA(ニーサ)口座で外国株式(海外ETF)が対象に!

本日の楽天証券1Q決算説明会にて、少額投資非課税制度(愛称NISA<ニーサ>)の口座で外国株式を対象にすると発表があったようです。楽天証券のホームページにはまだ掲載されていませんが、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんのツイートで知りました。




水瀬ケンイチさんもすでにブログで取り上げられています。


(参考記事)2013/05/10 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
楽天証券、海外ETFを日本版ISAの対象に



これは嬉しいニュースです。これでバンガードなどの低コストな海外ETFをNISA口座で運用することが可能になります。マネックス証券、SBI証券にもぜひ外国株式(海外ETF)のNISA口座対応を期待したいところです。


以前、NISAでの運用方法について自分なりの考えを書きましたが、その際は他口座との損益通算ができる前提で考えていたため、リスクの大きな国内株式・先進国株式を割り当てました。今のところNISAでは他口座との損益通算はできないことになっているため、少し見直しが必要だと考えています。

(関連記事)2013/02/06 確定拠出年金と日本版ISAを利用した運用について

制度の内容が固まった頃に、もう一度考えを整理したいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿