2013/11/15

第6回ブロガーミーティング(eMAXIS意見交換会)に参加しました!


昨日開催された、三菱UFJ投信の「第6回ブロガーミーティング(eMAXIS意見交換会)」に参加させていただきました。

毎回著名ブロガーさんたちが参加している「ブロガーミーティング」ですが、今回はチャットでも参加OKということで、私も初参加させていただくことになりました。

水瀬ケンイチさんをはじめ、吊られた男さん、kenzさん、虫とり小僧さんなど、普段からSNSで交流させていただいているブロガーさんたちもたくさん参加されていました。(すごいメンバーですね!)




プログラムは、

1.eMAXISの歩み
(1)eMAXISの近況
(2)新ファンドについて
(3)基準価額推移とマーケット環境
2.ポートフォリオ・コンテスト「第2回ポートフォリオの達人」概要
3.放談会~「NISAわたしならこうする!」

という内容でした。以下、レポートです。


1.eMAXISの歩み

(1)eMAXISの近況
・eMAXISシリーズは4年目にして700億円を突破。
・新興国、先進国株式を中心に総資産総額は順調に拡大。
・リスクについて啓蒙しようということで「eMAXISリスクランキング」や「ポートフォリオコンテスト」などを企画。
・販売会社は前回ミーティング時の10社から19社へ増加。

(2)新ファンドについて
・2013年8月7日に「eMAXIS NYダウインデックス」を追加、2013年11月18日に「eMAXIS 新興国リートインデックス」を追加予定。
・eMAXISシリーズ設定当初は8本だったが、これで14本の充実した品揃えになる。
・NYダウインデックス設定の背景…NISA制度導入で投資初心者が投資の世界に入ってくる。NYダウは投資初心者にも認知されているインデックスであるため。
・新興国リートインデックス設定の背景…「主要な市場に連動するインデックスファンドを資産形成のパーツとしてご提供したい」というeMAXISシリーズ設定当初の想いとお客様のニーズ。

(3)基準価格推移とマーケット環境
・過去4年のマーケット動向を8資産均等型で説明。(詳細は割愛。)


2.ポートフォリオ・コンテスト「第2回ポートフォリオの達人」概要

・eMAXISシリーズの新興国リートを含めた9本の中から、最低3ファンドを組み入れた仮想ポートフォリオを構築し、4ヶ月間のパフォーマンス(リターン÷リスク)を競う。
・募集期間は2013年11月15日〜2014年1月31日。
・測定期間は2014年2月3日〜2014年5月30日
・今回から1チーム3名によるチーム戦を追加。
・SNSを利用して、友人・知人を誘えるツールを用意。
・仮想資金は前回の10万円から100万円に変更。
・賞金総額は計45万円。個人戦30万円(1万円×30名)、チーム戦15万円(1万円×15名)


3.放談会~「NISAわたしならこうする!」

NISA制度について、三菱UFJ投信から概要を説明。その後、ブロガーたちによる放談会開始。以下、意見の一部です。

・NISAの営業でよく証券会社から電話がかかってくる。営業されると、やりたくなくなってくる(笑)
・1月からNISA口座で投資する予定のため、すでにネット証券で口座を開いた。
・ホームページの操作画面が分かりやすいのが決め手。
・「◯◯証券ちょー使いづらいんですよ」(会場爆笑)
・それぞれの証券会社のNISA用の管理画面がどうなるのか非常に気になる。各年の損益が分かるようにしてほしい。(積立投資がしにくい)
・海外ETFで運用する場合、為替レートはいつの時点のレートなのかなど細かい点が気になる。
・投資信託の分配金の再投資できる販売会社と、できない販売会社がある。
・よく分からないということが分かった(笑)
・ネット証券各社にNISA管理画面のプレゼンをしてもらいたい。
・複数の証券会社に重複してNISA口座の申し込みをした人への対応が気になる。
・出来るだけ損が出ないような商品にすべき。例えば、新興国株式にだけ投資するのは危険だと思う。
・期待リターンを犠牲にしても、リスクの低いもので運用すべきでは?
・バランスファンドに否定的な意見もあるが、NISAではアリでは?
・ETFの場合は、端数が出るので迷っている。
・「僕はeMAXISで全部行きますよ」(会場「お〜!」)
・NISAはリスクを取る冒険枠で考えている。
・(クロス取引の話題について)「もうお腹いっぱいです。(某著名ブロガー)」(会場爆笑)
・一般口座からNISA口座へリレー投資するつもりなので、年内に少しずつ売却していこうと考えている。
・リバランスで買う予定のものをNISA口座で買うのもいいのでは?


最後にeMAXISに対する要望・質問がいくつか出ました。

(要望)
・バリューインデックスに連動するインデックスファンドを作ってほしい。
・外貨建ての商品について為替ヘッジ付きの商品が欲しい。
・eMAXISバランス(8資産均等型)は新興国リートを入れて9資産均等型にならないのか?
→検討する。(三菱UFJ投信)

(質問)
・純資産が増えてきたが、儲かっているのか?
→厳しい状態が続いている…。(三菱UFJ投信)
・損益分岐点は?
→…。(三菱UFJ投信)


◯つばさ感想

今回、ブロガーミーティングに初めて参加させていただきましたが、投信ブロガーの仲間入りができた気がして、嬉しくなりました。

チャットの様子が会場でどのように表示されているのか分からなかったので、好き勝手に書き込んでいましたが、司会の方が結構発言を拾ってくれていました。

途中、きれいな女性が登場して、思わずチャットで告白してしまったのですが、司会の方に「◯◯さん、かわいいって。よかったね〜」と軽くスルーされてしまったことが心残りです。


ということで、初めてのブロガーミーティングはとても貴重な経験になりました。来年、誘っていただけるのか非常に心配ですが、お誘いがあればぜひともチャット限定で参加させていただきたいです。


P.S. ビール飲みながらのミーティングはケガをしますので、ご注意下さい。

2 件のコメント:

  1. バリューインデックスよりも等金額がいいと思います
    等金額の理由は2つです
    ①バリューに加えて、小型株効果も得られる
    ②バリューよりも、運用が簡単でわかりやすい

    S&P500の場合ですが
    算出開始後の過去15年の実績
    わたしのインデックスによると以下の通り
    http://myindex.jp/data_i.php?q=SP1001USD
    S&P 500 (配当込み)
    http://myindex.jp/data_i.php?q=SP1009USD
    S&P Equal Weight Index (EWI)

    また、実際に運用された過去10年間の実績は
    ETFのGuggenheim S&P 500 Equal Weight (RSP)で以下の通り
    http://finance.yahoo.com/echarts?s=RSP
    COMPAREでS&P500と比較できます

    MSCIのJAPAN Standard (Large+Mid Cap)の
    ETFでもいいので、出してほしいです
    http://indexdriver.blog.shinobi.jp/Entry/528/
    インデックス対決~時価総額加重平均と等配分~日本株編

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん>等ウエイトのインデックスも面白いですね!

      ぜひ匿名さんからも運用会社へ要望してみて下さい!

      削除