2015/01/25

3級FP技能検定を受験してきました!



2015年の目標で「3級FP技能士の資格を取得する。」と書いていましたが、本日3級FP技能検定(以下、FP3級)を受験してきました!

(関連記事)2015/01/05 2015年の目標




FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?



ひとりひとりの夢や目標=ライフプランをかなえるためにはお金の準備が必要です。そこでポイントになるのが計画的に資金を用意しておくこと。夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税金、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP=ファイナンシャル・プランナーです。

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?(日本FP協会)より

FP3級の試験概要


試験は9月、1月、5月の年3回実施されます。

それぞれの試験の法令基準日は、9月試験はその年の4月1日1月・5月試験については、前年の10月1日となります。

今回は2015年1月の試験ですので、2014年10月1日が法令基準日でした。

(税制等は1年の間でも頻繁に変わっていきますが、このように事前に法令基準日が示されているので、テキスト等を買い替えなくても済みますね。)

3級FP技能士を取得するためには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。


学科試験…マークシート形式 ○✕形式30問・三答択一式30問 計60問

実技試験…事例形式5題(金財)またはマークシート形式三答択一式20問(日本FP協会)


試験は、金財と日本FP協会が実施していますが、どちらで受験するか選択できます。

学科試験は共通の問題ですが、実技試験は出題科目が異なります。


金財…個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務のうちから1つ選択

日本FP協会…資産設計提案業務


今回、わたしは日本FP協会資産設計提案業務を選択しました。


FP3級の出題内容


FP3級の科目は大きく6つに分かれています。


1.ライフプランニングと資金計画

2.リスクマネジメント

3.金融資産運用

4.タックスプランニング

5.不動産

6.相続・事業承継


FP3級の合格基準


学科試験・実技試験の合格基準は以下のとおりとなっています。


学科試験…60点満点で36点以上

実技試験(金財)…50点満点で30点以上

実技試験(日本FP協会)…100点満点で60点以上


6割以上正解すれば合格ということですね。


検定結果は…


今日の日中に試験があったのですが、17時30分には模範解答が日本FP協会のホームページにアップされていました。(早い!)

早速、持ち帰った問題用紙と照らし合わせ、自己採点してみたところ…

合格しました!


学科試験は60点満点で54点、実技試験は100点満点で100点でした。

勉強時間は限られていたのですが、無事合格できてよかったです。


今後は…


これまでは、FPの科目でいうと「金融資産運用」の勉強ばかりしてきましたが、今回FP3級の勉強を通して、年金制度や税制、相続など、これまであまり触れてこなかった分野についても学習できました。

せっかく勉強した内容をそのままにしておくのももったいないので、今回学んだ分野についての記事や、これからFP試験を受験しようとしている人の参考になるような記事を、今後このブログでも書いていこうと思っています。


今回のFP3級受験に対して、たくさんの方から応援いただきました。
合格できたのは、みなさんの応援のおかげです!ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿