2015/11/01

「インベストライフ・セミナー in 金沢」&「コツコツ金沢#26」に参加してきました!


昨日は「インベストライフ・セミナー in 金沢」&「コツコツ金沢#26」に参加してきました!



インベストライフセミナー in 金沢


講師の岡本和久さんはETF「iShares」シリーズで有名なバークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・グローバル・インベスターズ)日本法人を設立された方で、現在はI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社の代表取締役社長として、子どもから大人まで幅広い世代に向けて投資教育を行われています。

インベストライフセミナーについては2014年10月にも金沢で開催された際に参加させていただき、今回は1年ぶりの参加となりました。



セミナーの内容は、人生100年を以下の3つのライフ・ステージに分け、各ライフ・ステージでどのように「資産」を形成し活用するべきか?といった内容でした。


「学びの時代」(〜30代)…人的資産の形成期

「働きの時代」(30代〜60代)…金融資産の形成期、人的資産の活用期

「遊びの時代」(60代〜100歳)…生きざまの形成期(次世代の人的資産の形成期)、金融資産の活用期


そもそも「お金」とは何か?という話から、具体的な投資方法(ドルコスト平均法・バリュー平均法)の紹介まで、投資の初心者から経験者まで納得できるセミナーだと思いました。

個人的には投資の話ももちろん納得できる内容でしたが、普段のお金の使い方について色々と考えさせられました。


セミナー終盤に質問タイムがあったのですが、まさかの岡本さんからご指名(!)をいただきましたので、一点質問させていただきました。


Q「岡本さんの著書の中で、債券投資については「物価連動国債」での運用を勧めていましたが、現状では個人投資家が物価連動国債を保有するのはハードルが高いと思われますが、現状での債券投資のベターな選択は何だと思いますか?」

A「たしかに現状「物価連動国債」は非常に使い勝手の悪いものになっている。また国内の債券市場も日銀の介入により、正常な市場環境とは言えない状況になっている。個人投資家の選択肢としては短い債券(短期債券)を保有したり、ラダー型運用がいいと思う。(少しタイムラグが出ると思うが、金利上昇についていける。)」


あとは、新興国に対する投資スタンスや、バリュー平均法の具体的な運用方法などについても質問が出ました。

また、来年も金沢で開催してくれるようですので、興味のある方は参加してみてください(^^)


コツコツ金沢#26


インベストライフ・セミナーのあとは、ダイニング&バール「バンビ」へ場所を移して「コツコツ金沢#26」が開催されました。

岡本さんにも参加していただき、最終的に13名での開催になりました。

初参加の方も3名いて、インデックス投資について色々と質問してもらえて、自分の短い投資経験ですが、その中で感じたこと、学んだことについてお話させていただきました。


二次会は10名で近くの喫茶店へ。

こちらでは具体的な投資商品についての話や、投資とは関係ない仕事の話など、様々な話題で盛り上がりました。


コツコツ金沢もリピーター(常連さん)が増えてきました!
今回初参加の方も、また参加してくれるとうれしいです!

今回参加していただいたみなさん、ありがとうございました!


P.S. 二次会の喫茶店の店員さんが可愛かったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿