2015/12/06

「コツコツ金沢#27」が開催されます!


2015年12月12日(土)に「コツコツ金沢#27」が開催されます!


コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 金沢 #27
http://kokucheese.com/event/index/355335/(お申込みはこちらから)




日時:2015年12月12日(土) 18:00〜20:00

開催場所:カフェ・アルコ スタツィオーネ
(石川県金沢市木ノ新保町1-1金沢駅百番街くつろぎ館1F)

参加費:3,000円(税込)

定員:8人(先着順)

申し込み終了:2015年12月11日(金) 17時30分まで

主催:常有希


北陸の【コツコツ積立投資に興味のある人】 集まれ !! コツコツ in 金沢#27

2015年 最後のコツコツの集いです。
コツコツの会は、未経験者、初心者、女性、大歓迎 です。
•コツコツ投資って何? という方
•コツコツ投資興味がある方、始めたばかりの方
•長期積立投資によって資産形成に取り組んでいる方・取り組みたい方
•自分の投資方法に不安や疑問がある方
コツコツ投資について、ワイワイ語り合いましょう! ただし、商品の勧誘は禁止です。

金沢観光、北陸新幹線に乗車のための出席も大歓迎です。
会場は、世界で最も美しい駅14選に国内で唯一選ばれた「金沢駅」内にあります。

積立投資は、有利に増やすという【収益性】とコツコツ貯めるという【貯蓄方法】の二つのニーズを満たすものです。
また、コツコツと積み立てる投資は「投資に慣れるプロセスと元本が積み上がるプロセスが同時進行、だから,経験のない方も始めやすい投資方法です。

東京・六本木で始まった「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」の金沢における開催です。 『「コツコツの集い」北陸』をfacebookグループにアップしています。

2015年最後の「コツコツ金沢」です!

2012年から始まった「コツコツ金沢」ですが、早いものでもう4年が経過するんですね。


投資未経験者、初心者、女性も大歓迎ですので、ぜひご参加下さい!

4 件のコメント:

  1. ほぼブログ開設当初から拝読しておりまして、初めてコメントさせていただきます。
    私も同じ時期くらいにVTの逆リレー投資したり、日本50%:外国50%から現在は世界時価総額比率でVTリレー投資したりと、その他にも似たような迷走、疑問、そして住まいも同じ石川という大変近い存在です!
    また、VTウォッチは毎回本当に助かっています。ありがとうございます。
    それで色々と質問したい事があり、今日はこの4年間で溜まった疑問?を一気にぶつけさせていただきますw

    1、三井住友DC全海外株式、ニッセイシリーズなので、信託報酬が安いファンドが出てきましたが、VTにリレー投資しますか?
    私はコストだけで考えるとリレー投資はいいかな~と考えていますが、DC海外全株、ニッセイ外国株には、小型株が含まれておらず、やっぱりVTがいいのかとか迷走中です(笑)
    VTでは、中小型が14%、小型が12%と、比率は案外大きいですよね。。つばささんはどうお考えでしょうか。

    2、その他のブログを拝読しても、なぜ生活防衛金をアセットの中に組み入れないのかが未だに分かりません。
    生活費の2年分以上を無リスク資産として持つだけでいいのではないでしょか。
    例えば、運用資産が5000万円だったとして、無リスク1000万円(20%):リスク4000万(80%)、無リスクの1000万円の中で生活費の3ヶ月~2年分を確保。
    大きな出費があった場合、無リスク資産を補充する。(ノーセルリバランス)
    生活防衛金で分けていても、使用すれば防衛資金を優先的に補充するので同じように思います。
    私は梅屋敷さんや、つばささんの運用方法をほぼ真似ているので、何度も何度も生活防衛金も取り入れを検討しましたが、どうしてもそこが引っかかっています。。


    3、投資の目的・目標が年金ギャップを解消するために必要な金額を退職時に確保する事を目標にされてますが、例えば40代でその額に達した際、それでも積立をされますか?

    4、老後までVTを保有していたしてら、70超えてもネットにログインして資金を切り崩す作業は出来ます?40年後はもっと利用しやくなってると思いますが(笑)

    以上、長文失礼いたしました!
    これからも陰ながら応援しております。

    返信削除
    返信
    1. >toshiさん

      コメントありがとうございます!

      1 たしかに、低コストなインデックスファンドシリーズの登場で、インデックスファンドと海外ETFとのコスト差が縮まってきていますね!
      VTへリレー投資するかどうか悩ましいですが、今年の2月からバンガードのVEA(北米除く先進国株式)が購入可能になったことで、「VTI約50%+VEA約40%+VWO約10%」という選択肢も出てきました。加重平均すると経費率は約0.076%となります。(VTの経費率は0.17%)
      また、わたしがメインで利用しているSBI証券が12月末から外国株式の特定口座に対応するということで、海外ETFへの投資のハードルも下がることになります。
      今後、当ブログでは海外ETFへのリレー投資は積極的に勧めていくつもりはありませんが、わたし自身は「VTI+VEA+VWO」へリレー投資していくことになると思います。

      2 これはわたし個人の考えですが、

      ・生活防衛資金をポートフォリオの中に入れてしまうと、運用資産額が推定されてしまう。
      →別に隠すほどの資産はありませんが(笑)、生活費の2年分と書いてしまっているため、無リスク資産の比率を書いてしまうと運用資産額がある程度推定されてしまうので…

      ・あえて、メンタルアカウンティング(心の会計)を利用する。
      →行動経済学でメンタルアカウンティング(心の会計)という概念があります。これは、「同じ金銭であっても、その入手方法や使途に応じて、扱いを変えてしまう」という人間のクセのようなものです。このクセをあえて利用して、生活防衛資金と運用資金を完全に分けてしまうことによって、なるべく運用資金の取り崩しを防ごうという考えで、生活防衛資金を採用しています。

      3 おそらく、そのまま仕事は続けて、積み立ては続けると思いますが、「いつ仕事をやめても生活していける」という状態に早くなりたいですね(笑)

      4 それは40年後にならないとどうなっているか分かりませんが、それくらいの年齢になったら、もっとシンプルな状態にしたいと考えています。


      以上、長文失礼しました!

      削除
  2. 追伸

    私もSBI銀行・証券をメインに利用しています。
    まだどこのブログも紹介していませんが、SBI証券でも三井住友-三井住友・DC全海外株式インデックスファンド、DIAMたわらシリーズを販売開始しています!
    今朝発見してビックリしたので、シェアします。ご参考までに。

    返信削除
    返信
    1. >toshさん

      情報ありがとうございます!

      たわらノーロードシリーズはEDINETでも情報は確認できましたが、三井住友・DCシリーズも取り扱うとは驚きでした!

      SBI証券( ^ω^)b グッジョブ!!

      削除