2015/12/22

NISA口座から特定口座へ海外ETFの振替は可能なのかネット証券に質問してみた。



SBI証券から、外国株式における特定口座対応のお知らせが正式に出ました!

SBI証券
外国株式における特定口座対応のお知らせ


これで外国株式を取り扱っている主要ネット証券3社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券)で、外国株式の特定口座に対応したことになります。


わたし自身は一般口座で保有していた外国株式(海外ETF)はすでに売却済みで、現在保有しているのはSBI証券のNISA口座で購入したVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)のみ。


そこで気になったのが、NISA口座で購入した外国株式は特定口座へ振替できるかどうか?

SBI証券、マネックス証券、楽天証券にそれぞれ質問してみました!




SBI証券


お問い合わせの件につきまして、ご回答申し上げます。

外国株式の特定口座取り扱いにつきましては、平成28年受渡分からとなりますが、NISA預りから特定口座への振替につきましては、2015年1月上旬(※)を目途に準備いたしております。
 ※2016年1月上旬の誤りだと思われます。


平成28年受渡分より、特定口座へ振替が可能になるようです!
これで安心してNISA口座で海外ETFを購入することができます!


マネックス証券



いつもマネックス証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。

お問合せの件につきまして回答申し上げます。

NISA口座でお買付いただいた外国株を課税口座の特定口座、または一般口座へ振替することは書類手続きにより可能でございます。

なお、課税口座への移管に伴う取得価格は、移管時の価格となりますので、何卒ご了承ください。

また、移管時の為替レートは直近の公示レート(TTS)を採用することになります。

その他、課税口座へ移管後は再び非課税口座へ戻せませんこと、何卒ご了承ください。

さらに、移管した銘柄の買付枠(非課税枠)の再利用はできませんので、ご了承ください。

マネックス証券もNISA口座から特定口座の振替に対応しているようです!
マネックス証券は外国株式に力を入れており、さすがといった感じです!


楽天証券


平素より楽天証券をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

お問い合わせの件につきまして、ご案内申し上げます。

あいにく、弊社では、NISA口座で保有の外国株式(海外ETF)を
特定口座へ振替することはできかねます。
何卒、ご了承ください。

また、他の金融機関の特定口座で保有なさっている海外株式を弊社の特定口座に移管することはできません(一般口座への入庫は可能です)。ご留意ください。

この他にもご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

今後とも楽天証券をお引き立ていただきますようお願い申し上げます。

残念ながら、楽天証券は今のところ、NISA口座から特定口座への振替はできないようです…。
また、他の金融機関で保有している外国株式を特定口座へ移管することもできないとのこと。


みんなで楽天証券に要望しませんか?


問い合わせの結果、外国株式のNISA口座から特定口座への振替についてはSBI証券、マネックス証券が対応(または対応予定)で、楽天証券が未対応でした。

NISA口座では、海外ETFの買付手数料が無料になるなどのキャンペーンが行われており、NISA口座で海外ETFを購入している投資家の方も多いと思います。

せっかく買付手数料が無料でも、非課税期間終了時に特定口座に振替できないために売却してしまっては、せっかくの低コストが台無しになってしまうかも…(売却手数料はキャンペーン対象外なので…)


そこで、投資家のみんなで楽天証券に要望しませんか?

楽天証券では、「お問い合わせ」というメールフォームを通じて、意見や要望を楽天証券に伝えることができます。

これまで、「お問い合わせ」から集められた意見や要望については、専門部署にて検討されているようで、これまでに1,933件(2015年11月末)のサービス改善を実現しています。

楽天証券

ぜひ、みなさんも「お問い合わせ」から要望しましょう!

(例)
「外国株式(海外ETF)について、NISA口座から特定口座への振替に対応してほしい!」

1 件のコメント:

  1. 当然できるものと思っていました。
    他社に乗り換えると完全に不可能になってしまうので楽天証券にリクエストしました。

    返信削除