2016/02/27

「たわらノーロード」シリーズから新興国株式インデックスファンドを含む4本のファンドが登場!


DIAMアセットマネジメントの「たわらノーロード」シリーズから新興国株式インデックスファンドを含む4本のファンドが登場するようです!

アウター・ガイさん(@outerguy)のブログで知りました!

バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
たわらノーロードに新興国株式とスマートベータ戦略「plus」3本の計4本が追加





「たわらノーロード」シリーズとは?


富をコツコツ蓄えるイメージがある”たわら”というシリーズ名は、みなさまの資産形成のお手伝いをしたいという思いから名づけました。お米の他にも、イモや麦などいろいろなものが入れられている”たわら”のように、DIAMの「たわらノーロード」シリーズも株式や債券などいろいろな資産に投資するものを取りそろえ、充実したラインナップをご提供します。

たわらノーロード 公式サイトより〜

ファンドの概要


たわらノーロード 新興国株式


ファンド名:たわらノーロード 新興国株式

設定日:平成28年3月14日

ベンチマーク:MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)

信託報酬(税抜):年率0.495%(委託会社0.2275%、販売会社0.2275%、委託会社0.04%)

信託財産留保額:0.3%

決算:年1回(10月12日)

販売会社:楽天証券、SBI証券

〜有価証券届出書より〜


たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略


ファンド名:たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略

設定日:平成28年3月31日

信託報酬(税抜):年率0.70%(委託会社0.33%、販売会社0.33%、委託会社0.04%)

信託財産留保額:0.1%

決算:年1回(12月16日)

販売会社:楽天証券、SBI証券

〜有価証券届出書より〜


たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略


ファンド名:たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略

設定日:平成28年3月31日

信託報酬(税抜):年率0.85%(委託会社0.40%、販売会社0.40%、委託会社0.05%)

信託財産留保額:0.1%

決算:年1回(12月16日)

販売会社:楽天証券、SBI証券

〜有価証券届出書より〜


たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略


ファンド名:たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略

設定日:平成28年3月31日

信託報酬(税抜):年率0.90%(委託会社0.42%、販売会社0.42%、委託会社0.06%)

信託財産留保額:0.3%

決算:年1回(12月16日)

販売会社:楽天証券、SBI証券

〜有価証券届出書〜


「たわらノーロード」シリーズから待望の新興国株式インデックスファンドと、低ボラティリティ高配当戦略の「たわらノーロードplus」シリーズ登場!


新興国株式インデックスファンドの信託報酬がついに年率0.5%(税抜)を下回りましたね!

マザーファンドの規模も大きいようなので、実質コストにも期待したいです。

投資方針書で商品の見直しは一年に一度と決めているので、今年いっぱいは「Funds-i 新興国株式」を積み立てる予定ですが、来年の新興国株式の積立ファンドの最有力候補になりそうです。

(関連記事) 2015/12/30 投資方針書<2016年版>


また、低ボラティリティ高配当戦略の「たわらノーロードplus」シリーズが登場しました!

信託報酬はインデックスファンドの「たわらノーロード」シリーズと比べて、少し割高となっていますが、今話題のスマートベータ戦略なので気になる方もいるのではないでしょうか?

「コア・サテライト戦略」で運用されている方は、サテライトとして検討してみてもいいかもしれませんね。しらんけど(゚∀゚)アヒャ

0 件のコメント:

コメントを投稿